事故・故障のとき

もしも事故や故障等で停車したとき…
1.安全の確保
ハザードランプで後続車に知らせてください。
故障車は自走可能な場合、非常駐車帯への移動をお願いします。
移動できないときは路肩へよせ、後続車両に十分注意し、停止表示板や発煙筒を設置してください。

2. 通報
●警察への通報
 事故の場合、110番通報してください。

●非常電話での通報
 非常電話の受話器を上げると管制室につながり、お客様の現在地が管制室で確認できます。
 (約500mごとに設置されており、受話器をとるだけで交通管制室につながります。)

●携帯電話での通報
 非常電話が近くにない場合、携帯電話にて以下の連絡先より通報できます。

【通報先】
道路緊急ダイヤル「#9910」 (音声案内に従って、「1」を押してください)*通話料無料
高速道路公社への緊急連絡先
  [福岡都市高速]   092-632-0109
  [北九州都市高速]  093-922-6812
  運転中の携帯電話等の使用は道路交通法により禁止されております。
  携帯電話等による通報は必ず同乗者の方からかけていただくか、
  非常駐車帯等の安全な場所に移動・停車してご連絡ください。
  高速道路は事故・故障でやむを得ず走行ができなくなった場合しか、駐停車できません。

  *道路緊急ダイヤルとは(外部リンク)

●通報における確認事項
 担当者が、次のことをお尋ねします。
 ① 停止位置(キロポストがわかればお伝えください。)
 ② けが人の有無
 ③ 事故の形態・故障の内容
 ④ 当事者の氏名・携帯電話の番号
 ⑤ 車種・ナンバー

<参考>

■非常電話 ■キロポスト表示板