北九州高速道路からのお知らせ(平成30年7月豪雨災害関連)

平成30年7月19日
福岡北九州高速道路公社

 北九州高速道路は、今月5日からの豪雨の影響で、6日午前7時30分から全面通行止めを実施後、下記のとおり、順次通行規制の解除を行い、現在全線で通行ができるようになりました。

(1) 9日午前5時から
   八幡IC・金剛から黒崎間及び足立から春日・門司IC間を除き、通行止め解除
(2) 10日午後5時から
   通行止め区間であった八幡IC・金剛から黒崎間及び春日・門司IC間について、一部車線規制・一部速度規制を行い通行止め解除
(3) 14日午後4時から
   (2)の一部車線規制・一部速度規制の解除

 規制解除に向けて公社一丸となって取り組んでまいりましたが、この間においては、皆様方にご不便をおかけし、大変申し訳なく思っております。

 現在、本格的な復旧に向け鋭意取り組んでおりますが、今回の規制解除は応急措置をしての規制解除ですので、今後の雨の状況等から、安全確保のため、規制及び通行止めを実施する場合もございます。

 最新の道路状況は、ハイウェイテレホンや情報板でご確認ください。

北九州高速通行止めに関するこれまでのお知らせ


平成30年7月6日  【第1報】大雨により北九州高速道路を全線通行止めとしています。今後も雨の影響で長引くことが予想されます。
平成30年7月7日  【第2報】かつて経験のない豪雨の影響により災害が発生しております。
平成30年7月8日  【第3報】7月9日午前5時から通行止めを一部解除する予定です。
平成30年7月9日  【第4報】7月9日午前5時から通行止めを一部解除しました。
平成30年7月10日【第5報】北九州高速道路4号線の通行止め解除について
平成30年7月12日【第6報】北九州高速4号線馬場山から小嶺方面にかけて渋滞が発生する可能性があります。
平成30年7月14日【第7報】北九州高速道路4号線の全線規制解除について