主要事故発生箇所
(福岡都市高速)

 HOME > 事故・渋滞対策 > 主要事故発生箇所(福岡都市高速)
近年の福岡都市高速での主な事故発生箇所をピックアップしました。一度事故が発生すると事故渋滞など後続車両への影響が大きくなります。
ご通行される際には、十分な車間距離と走行速度に注意して安全運転を心掛けましょう。

番号をクリックすると、現地の状況・事故の特徴が表示されます。


①(太宰府線(2号線)下り 太宰府I.C方面) 大野城→水城

●現地の状況

環状線(外回り・内回り)から月隈JCTを経て、大野城出口を通過し太宰府方面(九州道接続)に向かう路線です。
九州道での事故等の影響を受け、渋滞が発生していることがあります。
渋滞時は、前方車両との車間距離に気を付けて走行してください。


●事故の特徴

・追突事故が多発
・朝方(8~9時台)に通行される際は特にご注意ください


②(香椎線(1号線)下り 千鳥橋JCT方面) 貝塚JCT合流→箱崎

●現地の状況

香椎方面や福岡I.C方面から天神・太宰府方面に向かう交通が集中する箇所となっています。
香椎方面からと箱崎入口からの車両が合流し、交通量が多くなる朝方や夕方の時間帯では、渋滞が発生し交通の流れが悪くなります。
まわりの車両の動向に気をつけて走行してください。


●事故の特徴

・追突事故や車両接触事故が多発
・前方不注意や、車線変更時の安全不確認による事故が多い
・朝方(7~8時台)、夕方(16~18時台)に通行される際は特にご注意ください


③(環状線外回り 千鳥橋JCT方面) 天神北出口→天神北入口

●現地の状況

福岡市西部方面から天神方面に向かい、荒津大橋通過後に下りのS字カーブがあります。
2つ目のカーブの右側に天神北出口があり、出口通過後もカーブが継続し、更に、下り勾配となっているため、速度超過にご注意ください。


●事故の特徴

・施設接触事故が多く、追突・車両接触事故も散発している
・速度超過・操作不適当による事故が多い
・路面湿潤時の交通量が少ない時間帯【朝方(6時台)、昼間(11~17時台)】に
 通行される際は特に速度超過にご注意ください


④(香椎線(1号線)上り 福岡I.C方面) 箱崎→貝塚JCT

●現地の状況

香椎・福岡I.C方面に向かう路線であり、福岡I.C方面へ向かう場合は最右側車線を走行する必要があります。また、分岐車線は急カーブになっていることや、福岡I.C方面に向かう車両が急に車線変更を行うことにより、速度低下が発生することがあります。前方車両の動向に気をつけて走行してください。


●事故の特徴

・追突事故が多く、車両接触事故も散発している
・前方不注意や、車線変更時の安全不確認による事故が多い
・朝方(7時~9時)に通行される際は特にご注意ください


⑤(環状線内回り 博多駅方面) 榎田→豊JCT

●現地の状況

太宰府方面より榎田入口を通過後、上り坂の左カーブがあります。
速度超過に気を付けて走行してください。


●事故の特徴

・高欄への施設接触事故が多発
・速度の出しすぎにより急カーブへの対処が遅れることによる事故が多い
・雨天時は要注意


【備考】
主要事故発生箇所は、令和2年度の事故統計データに基づき選定しております。
1 2 3 4 5
都市高速の
HPへ戻る