主要事故発生箇所
(北九州都市高速)

 HOME > 事故・渋滞対策 > 主要事故発生箇所(北九州都市高速)
近年の北九州都市高速での主な事故発生箇所をピックアップしました。一度事故が発生すると事故渋滞など後続車両への影響が大きくなります。
ご通行される際には、十分な車間距離と走行速度に注意して安全運転を心掛けましょう。

番号をクリックすると、現地の状況・事故の特徴が表示されます。


①(4号線 小倉駅北・小倉東I.C方面) 紫川JCT Bランプ

●現地の状況

八幡I.C方面から紫川JCT分岐後、急な左カーブとなっています。分岐手前は長い下り坂となっており、カーブへの進入速度に十分注意して走行してください。
4号線上下線から1号線上下線への移動車両が輻輳するため、前後・左右の車両の十分な安全確認が必要です。


●事故の特徴

・JCT入口・出口付近は、ガードレール等への施設接触事故が多い
・JCT中央付近は、安全不確認による車両接触事故が多い


②(4号線下り 八幡I.C方面) 大谷JCT→黒崎

●現地の状況

大谷JCTより合流後、大谷トンネル・帆柱付近のカーブ・河頭トンネル・黒崎付近のカーブとトンネル&カーブが連続しています。


●事故の特徴

・施設接触事故が多い
・ハンドル操作のミス等により急カーブへの対処が遅れることによる事故が多い
・帆柱や黒崎付近のカーブを走行する際にはご注意ください


③(4号線下り 紫川方面) 富野→足立

●現地の状況

富野出口を通過後、S字カーブがあります。最初の左カーブは上り勾配ですが左カーブの後半から次の右カーブで下り勾配に変化しています。


●事故の特徴

・施設接触事故が多く、車両接触事故も散発している
・スピードの出し過ぎでハンドル操作のミス等による事故が多い
・雨天時は要注意


④(4号線上り 紫川方面) 黒崎→大谷JCT

●現地の状況

黒崎入口より合流後、黒崎付近のカーブ・河頭トンネル・帆柱付近のカーブ・大谷トンネルとトンネル&カーブが連続しています。


●事故の特徴

・施設接触事故が多い
・帆柱や黒崎付近のカーブを走行する際にはご注意ください


⑤(4号線上り 紫川方面) 大谷JCT→山路

●現地の状況

大谷JCTより合流後、大蔵トンネル・猪倉トンネル・山路トンネルと連続してトンネルがあります。
特に、猪倉トンネルと山路トンネル間で下り坂から上り坂に変化しており、速度低下が発生しやすいため、前方車両の動向に気をつけて走行してください。


●事故の特徴

・5号線大谷JCT合流箇所での車両接触事故が多い
・前方不注意・安全不確認による事故が多い


⑥(4号線上り 紫川方面) 山路→紫川JCT

●現地の状況

山路出入口を通過し、紫川JCTへ向かった先に、下り坂があります。
紫川JCT付近では車両が混雑している場合がありますので、速度の出し過ぎ、前方車両の動向に気を付けて走行してください。


●事故の特徴

・追突事故が多発
・前方不注意による事故が多い
・朝方(7~8時台)に走行される際はご注意ください


⑦ (1号線下り 紫川方面) 横代料金所

●現地の状況

1号線下りにおける、長野・小倉東I.C・横代入口を含めた最初の料金所で、横代入口が右側から合流した後に、料金所を設置しています。
料金所は3レーンあり、両サイドがETC兼用レーンとなっております。


●事故の特徴

・料金所施設に対する、施設接触事故が増加している
・特に、ETCレーン左側への安全不確認による施設接触事故が多い



【備考】
主要事故発生箇所は、令和2年度の事故統計データに基づき選定しております。

1 2 3 4 5 6 7
都市高速の
HPへ戻る