北九州高速 災害復旧

被災概要


7月5日から6日にかけての豪雨の影響で、北九州高速4号線で雨量が基準値を超え災害の危険性が高まったため、7月6日早朝に全線通行止めを行いました。
通行止め直後に、土砂の流出や法面の崩壊等を確認し、最終的に全線で10ヶ所が被災しました。
都市高速では、即座に被災状況を把握し、被災現場の応急復旧に着手しました。
現在、完全復旧に向けた取り組みを行っているところです。



応急復旧

昼夜作業による応急復旧作業を実施。
       
 
 
国交省や関係機関等からの情報を集約し、一刻も早い通行止め解除に向け、対策方針を協議     昼夜を問わない、復旧作業   現地でも、作業進捗を把握しながら、協力会社を交えて細かく作業分担を確認 

通行規制の経緯

平成30年7月  9日(月)     5:00  足立~黒崎 部分開放
平成30年7月10日(火)   17:00  一部規制を伴う全線開放 
                 ※春日~富野、黒崎~小嶺では一車線規制
平成30年7月11日(水) 11:30 (九州道下り 通行止め解除)
平成30年7月14日(土) 16:00  全区間において規制解除
平成30年7月17日(火) 15:00 (九州道上り 通行止め解除)

今後の予定

平成31年度内の本復旧完了に向け、鋭意作業を進めてまいります。
工事に伴い、一時的な車線規制が必要となりますので、ご協力をよろしくお願い致します。

北九州高速通行止めに関するこれまでのお知らせ

平成30年7月  6日【第1報】大雨により北九州高速道路を全線通行止めとしています。今後も雨の影響で長引くことが予想されます。
平成30年7月  7日【第2報】かつて経験のない豪雨の影響により災害が発生しております。
平成30年7月  8日【第3報】7月9日午前5時から通行止めを一部解除する予定です。
平成30年7月  9日【第4報】7月9日午前5時から通行止めを一部解除しました。
平成30年7月10日【第5報】北九州高速道路4号線の通行止め解除について
平成30年7月12日【第6報】北九州高速4号線馬場山から小嶺方面にかけて渋滞が発生する可能性があります。
平成30年7月14日【第7報】北九州高速道路4号線の全線規制解除について