地震のとき

走行中に地震が起きたら
都市高速を走行中に、テレビ、ラジオ、受信端末などで緊急地震速報を見聞きしたときの行動は
周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する。
ことが基本です。
走行中に情報を受信された場合は次のことにご注意下さい。

1.後続自動車のドライバーが情報を受信していないこともありますので、あわててスピードを落とさないようにして下さい。


2.ハザードランプを点灯するなどして周りの自動車に注意を促し、その後に急ブレーキをかけずに緩やかにスピードを落とし左側に停止させて下さい。


大地震が発生すると、都市高速道路の入口は閉鎖され、全線通行止めになります。
安全確認のため直ちに緊急点検を実施しますが、緊急点検には数時間程度かかります。

3.大きな揺れを感じたら、急ブレーキ、急ハンドルを避けるなど、出来るだけ安全な方法で、周りの状況を確認して左側に停止させて下さい。

これは、緊急車両通行の妨げにならないようにするためです。


4.情報の収集に努めてください。

地震情報や交通情報で状況を把握してください。また、道路情報板やハイウェイテレホン等で地震時の道路情報や道路管理者(福岡北九州高速道路公社)からの情報をお伝えします。


5.指示にしたがって避難してください。

警察官や道路パトロール車から指示があった場合は、それに従って行動してください。


6.避難する場合は、自動車を次のような状態にしてください。
・エンジンを停止し、窓ガラスを閉め、キーをつけたままドアはロックしないでください。
・連絡先がわかるようにしておいてください。
・貴重品は車内に残さないようにしてください。


「緊急地震速報を見聞きしたときは」については気象庁のホームページ