平成29年度 防犯訓練を実施しました

公社では、平成29年11月29日(水)に北九州高速道路春日料金所、平成29年12月4日(月)に福岡高速道路名島料金所において、強盗犯が料金所職員を脅して現金を強奪する場合を想定した防犯訓練を実施いたしました。
 この訓練では、都市高速道路料金所での、事件の未然防止と発生時の適切な対応方法を会得すると共に、職員の防犯意識の向上を図ることを目的としています。
 当日は、福岡県門司警察署、福岡県東警察署及び福岡県警察高速道路交通警察隊の協力を得て、犯人に扮した警察官が本番さながらの演技を行い、110番通報やカラーボールの投てき訓練を実施しました。訓練終了後には、各警察署生活安全課長より訓練講評と防犯指導を受けました。
 訓練に参加した収受会社の責任者、料金所職員及び公社職員は、事件が起こった際の役割やどう対応すべきかについて再確認を行いました。
 今後もこのような訓練を通じて、事件が発生した際に適切な対応が取れるよう努めてまいります。

防犯訓練の様子