新型コロナウイルス感染症対策としての障害者割引の割引有効期限を延長する特例措置について

「有料道路における障害者割引制度」について、新型コロナウイルス感染症の影響で、福祉事務所等での障害者割引制度の割引有効期限の更新手続き等が困難なお客様がいることを踏まえ、下記のとおり特例措置を実施します。

(1)特例措置の内容

ご利用日時点で障害者割引制度の割引有効期限を経過している場合において、割引有効期限を読み替えて割引を適用します。

(2)適用されるご利用

令和2年5月7日(木)以降のご利用。
※令和2年5月7日(木)より前のご利用については適用されません。

(3)対象となるお客様

令和2年3月1日(日)から令和2年7月30日(木)までの間に障害者割引の割引有効期限を迎えるお客様。

(4)割引有効期限の読み替え

■手帳呈示による通行
 ・通行時のお申し出により、割引有効期限を令和2年7月31日(金)に読み替え、割引を適用します。
 ・事後にお申し出があった場合でも、遡って割引の適用(割引後料金への修正)は行いません。

■ETC障害者割引を登録されている場合
 ・ETC障害者割引登録係において、割引有効期限を令和2年7月31日(金)に延長する登録を行い、割引を適用します。
 ・事後にお申し出があった場合でも、遡って割引の適用(割引後料金への修正)は行いません。

(5)その他

今回の措置は期間限定の特例措置です。期間内に必ず手帳の割引有効期限の更新手続きを行ってください。

(6)お問い合わせ窓口

(福岡) 092-631-0122
(北九州)093-922-6811