セキュリティ強化に伴う当ホームページご利用環境の変更及び携帯サイトの閉鎖について(お知らせ)

当ホームページでは、利用者の皆様の情報を保護し、安全にご利用いただくため、利用者の端末とホームページサーバ間のインターネット通信を暗号化しています。

この度、セキュリティ強化のため、暗号化方式のうち、安全性の低いTLS1.0及びTLS1.1のサポートを、令和2年1月31日をもって終了いたします。
これにより、TLS1.2に対応していない一部のブラウザや端末から、当ホームページを閲覧いただけなくなります。

また、今回のセキュリティ強化に伴い、携帯電話(フューチャーフォン)サイトは、令和2年1月31日をもって閉鎖いたします。
利用者の皆様にはご不便をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願いします。

変更点


インターネット通信の
暗号化方式
令和2年1月31日(金)まで 令和2年2月1日(土)以降
TLS1.0、TLS1.1、TLS1.2 TLS1.2


対応方法

■パソコンをお使いの方

TLS1.2に対応している次のWebブラウザをお使いください。
・Internet Explorer 8以降(Internet Explorer 11を推奨)
・Google Chrome 30以降(Google Chrome37以降を推奨)
・Safari 7以降(Safari 8以降を推奨)

※ WebブラウザによってはTLS1.2の有効化を設定する必要がありますので、設定内容をご確認いただき、必要に応じて設定変更を行ってください。
  WebブラウザのTLS1.2有効化設定方法


■スマートフォン、タブレットをお使いの方

TLS1.2に対応している次のOSをお使いください。
・Android 5.0以降
・iOS 5以降(iOS 9以降を推奨)


今回のセキュリティ強化の背景

TLSとは、Webサイトとそれを閲覧するユーザーとの間の通信を暗号化することで、第三者による通信の盗聴や改ざんを防ぐための仕組みです。
TLS1.2は、TLS1.0やTLS1.1に比べ、より強固な仕組みを使っています。今後もより安全に当ホームページをご利用いただくために、TLS1.0及びTLS1.1を無効化し、TLS1.2のみをサポート対象としました。
ご理解をいただきますようお願いいたします。



WebブラウザのTLS1.2有効化設定方法

各Webブラウザにおいて、TLS1.2を有効化するための設定方法は、次のとおりです。


「Internet Explorer」の設定方法

1. Internet Explorerメニューバーの[ツール]→[インターネットオプション]をクリックします。
2.[インターネットオプション]→[詳細設定]タブをクリックします。
3.[セキュリティ]の中の、[TLS 1.2の使用]にチェックします。
4.[OK]をクリックします。
5. 終了し、Internet Explorerを再起動します。



「Google Chrome」の設定方法

1.Google Chromeの右上にあるメニューボタンをクリックし、[設定]を選択します。
2.表示された設定画面の最下部にある[詳細設定]をクリックします。



3.表示されたメニューからシステム内にある[パソコンのプロキシ設定を開く]ボタンをクリックします。



4.[セキュリティ]の項目の[TLS 1.2の使用]にチェックを入れます。
5.[OK]をクリックします。
6. 終了し、Google Chromeを再起動します。