Attention
The following page provides information on a service for foreigners living in Japan.
Please confirm and agree with the following.
This website is machine translated by an automatic translation system.
Therefore, the translation may not be accurate.
If the content of translation differs from that of the original Japanese page, the correct information shall be the source text in Japanese.
Please also note that we are not responsible for the content of the translation.
サイト内検索

FAQ 料金について

料金について

Q1
料金はどのような考え方で決まるのですか?
Q2
車種区分はどのようになっていますか?
Q3
大型車はなぜ通行料金が普通車より料金が高いのでしょうか?
Q4
バイクと普通車はなぜ同じ料金なのですか?
Q5
料金の徴収期間はどのようにして決まるのですか?
Q6
料金をもっと安くすれば交通量が増えて料金収入も多くなり早く償還できるのではないですか?
Q7
障害者のための割引制度はありますか?
Q8
現金以外で利用できる料金所を教えてください
Q9
誤って都市高速に入った場合や、進行方向を間違えて再度利用する場合の料金は無料にしてもらえますか?
Q10
領収書を無くしたので、再発行をして欲しいのですが。

Q1 料金はどのような考え方で決まるのですか?

A都市高速の通行料金の額は、次の2つの原則により決められています。

【償還主義】
都市高速の建設費、維持・修繕等の管理費及び借入金の利息などすべての費用を、一定の料金徴収期間内の料金収入でまかなうこと。
【公正妥当主義】
他の公共交通機関などの料金、都市高速道路を利用することによる利便性等を勘案して公正妥当な水準であること。

もちろん営利を目的としていないので、通行料金に利潤は含まれていません。

Q2 車種区分はどのようになっていますか?

A 都市高速の場合は、大量の交通を効率よく円滑に処理するために、普通車と大型車の2車種に分かれています。その基準は次のとおりです。
【普通車】  

 普通乗用車、小型乗用車、小型バス(定員29人以下で総重量8t未満)
 普通・小型トラック、自動二輪車(125ccを超えるもの)
 軽自動車、小型特殊自動車
 2軸のトラクタ(トレーラーヘッド)
【大型車】
 大型バス(定員30人以上または総重量8t以上)
 大型トラック(積載量5t以上または総重量8t以上)
 大型特殊自動車、3軸以上のトラクタ(トレーラーヘッド)


Q3 大型車はなぜ通行料金が普通車より料金が高いのでしょうか?

A 大型車は広い面積を占有しますし、重いので道路を傷めます。
これらを総合的に考えて、普通車より料金が高くなっております。

Q4 バイクと普通車はなぜ同じ料金なのですか?

A 都市高速は、大量の都市内交通を迅速に処理することが求められることから、渋滞の原因の一つとなる料金所における料金収受をできるだけ簡素化する必要があり、料金を普通車と大型車の二車種に区分しています。
車種区分を細分化すると、一台あたりの料金収受に要する時間が長くなり、料金所を先頭とする渋滞に拍車をかけお客様にご迷惑をおかけすることになります。
また、二輪車は、普通車と比べると車両自体は小さいものの、その特性から安全性を保つために前後左右に大きな空間を必要とし、車間距離を含めた道路の占有面積は、通常走行の場合、普通車と比べて大差ありません。

このことから、二輪車についても普通車の料金を頂いております。

Q5 料金の徴収期間はどのようにして決まるのですか?

A 料金の徴収期間については、道路の建設・整備に多くの事業費用を必要とするために、適正な料金の額で収支を保つ必要があることと、利用が世代を超えて長期にわたることから、利用者にかかる負担を公平にするという考えから、一定の料金徴収期間以内と決められています。
しかし、最初の開通から一定の料金徴収期間でかかった費用等を返済すると、後で開通する路線の徴収期間は短くなり、この間で新しい路線も含めた費用等を返済するとなると、料金の額は大変高くなってしまいます。
そこで、各路線の開通日までの期間を、各路線の建設費の額によって加重平均して求められた、ネットワーク全体の平均的開通日(換算起算日)から一定の料金徴収期間以内となるような制度を採っています。


換算起算日=A路線開通日+146,000億円・日/300億円
     =H1.4.1 + 487日
     =H2.8.1

Q6 料金をもっと安くすれば交通量が増えて料金収入も多くなり早く償還できるのではないですか?

A 料金を検討するときには、公正妥当な範囲内で料金額を設定し交通量の推計を実施しています。
この交通量の推計は、料金額を加味した手法(料金が高くなれば、交通量は減少する)を用いて行なっており、それによると都市高速道路の場合、料金の額を安く設定すると交通量は増加しますが、料金収入は反対に減少することとなり、定められた料金徴収期間内で建設に要した費用等をまかなうことができないという結果となりました。

Q7 障害者のための割引制度はありますか?

A 有料道路では、「身体障がい者の方が自ら運転する場合」または「重度の身体障がい者の方もしくは重度の知的障がい者の方が同乗し、障がい者ご本人以外の方が運転する場合」に、事前に登録された自動車1台に対して、割引率50%以下の障害者割引を実施しています。
ご利用の際には、料金所の係員に身体障害者手帳もしくは養育手帳またはミライオIDをご提示ください。
※ミライオIDご提示の場合も必ず手帳を携帯してください。
ただし、いずれの場合にも営業の目的で利用する場合を除きます。
→詳しくはこちらをご覧ください。

Q8 現金以外で利用できる料金所を教えてください

A ○ETCカードが使用できる料金所
福岡都市高速と北九州都市高速の全料金所で利用できます。
→詳しくはこちらをご覧ください。
・福岡都市高速はこちらから
・北九州都市高速はこちらから

○クレジットカードが使用できる料金所
九州自動車道と連結している次の料金所のみ利用可能です。
・福岡都市高速では、福岡IC・太宰府ICの2箇所
・北九州都市高速では、門司IC・馬場山の2箇所

Q9 誤って都市高速に入った場合や、進行方向を間違えて再度利用する場合の料金は無料にしてもらえますか?

A お客様が誤って都市高速に進入した場合や、進行方向、出口を誤り再度ご利用される場合でも、1回の通行ごとに通行料金をいただいておりますのであらかじめご了承ください。
なお、都市高速は一方通行です。Uターンや後退は道路交通法違反であり大変危険ですのでおやめください。

Q10 領収書を無くしたので、再発行をして欲しいのですが。

A 申し訳ございませんが、領収書の再発行はいたしかねます。